遠隔指導2008年度

2008年度は、2005年度遠隔指導の講師であるギャロデット大学(米国ワシントンD.C.)のDr. Mike Kempによるコーディネイトを担当して頂き、同大学のASL・ろう学部から二人のすばらしい講師を迎え、下記の通り実施することが出来ました。

 ● 第1回 東京会場 日本ASL協会事務所(東京都千代田区飯田橋) 
2008年11月8日(土)
午前9時~10時半
(ワシントンDC時間11月7日(金)午後7時~8時半)
2008_1st_Kelly
テーマ「History of Deaf Woman (ろう女性の歴史)」
講師 Dr. Arlene B. Kelly
ギャロデット大学 ASL・ろう学部准教授
1977年 ギャロデット大学卒業
1992年 ギャロデット大学 修士号取得 言語学専攻
2001年 メリーランド州立大学 パーク校 博士号取得 アメリカ学専攻
講義では、歴史上、ろう女性がどのような役割を果たしてきたのかを、著名なアメリカ人ろう女性の名前を挙げながら、その変遷を話しました。
● 第2回 東京会場 日本ASL協会事務所(東京都千代田区飯田橋)
2008_2nd_Bahan 2008年12月6日(土)
午前9時~10時半
(ワシントンDC時間12月5日(金)午後7時~8時半)
テーマ「Sensory Orientation (ろう者の文化や感覚を理解することとは・・・)」
講師 Dr. Benjamin J. Bahan
ギャロデット大学 ASL・ろう学部教授
同大学同学部 学部長(修士学生担当)
1978年 ギャロデット大学卒業
1987年 ギャロデット大学 修士号取得 ろう教育学専攻
1996年 ボストン大学 博士号取得 応用言語学専攻
講義は、ASLの特徴を包括的に説明。ろう文化と聴者の文化の違いを認識できるものでした。
遠隔指導トップ  2005年度 
2006年度 2007年度
2009年度 2010年度
2011年度 2012年度
2013年度 2014年度

聴覚障害者海外奨学金事業について 最新情報 留学奨学金 留学奨学生ブログ 遠隔指導 eラーニング視聴

アーカイブ

リンク