【ご案内2】受講費助成交付申請の手続き

1> ①助成金交付申請書に必要事項を記入


←助成金交付申請書<記入例>
※画像をクリックすると拡大されます。
ご確認のうえ、もれのないようにご記入ください。
捺印を忘れずにお願いします。

 


2>
②本人名や住所などを確認出来る書類(AとB)
2点を用意
※ いずれも、実物の提示コピーの提出が必要になりました(住民票は原本)。
※B.はA.を裏付ける書類となるため、いずれも申請者本人の名義、住所記載のあるものをご用意ください。

必要書類 (例)

共通
A.

A.本人名と住所の記載がある「公的書類」
  (実物提示コピー提出

■運転免許証
■各種保険証
■住民基本台帳カード
マイナンバーカード
■身体障害者手帳
■外国人登録証明書
■住民票(交付日が3ヶ月以内)(原本)
公的書類<例>
都内
在住
B.
A.公的書類実物提示コピー提出
  と
B.都内在住証明書 実物提示コピー提出
※A.と同じ本人名・住所の記載があるもの

※交付日が3ヶ月以内のもの
■公共料金(電気・電話・水道・NHK等)の領収書

■社会保険料の領収書
■国税、地方税の領収書または納税証明書
■住民票(A.が住民票ならA.B.で1通でOK) など
二次的書類(例)
都内
在勤
B.
A.公的書類実物提示コピー提出
  と
B.都内在勤証明書 ※交付日が3ヶ月以内のもの
■在勤(在職)証明書(実物提出
■社員証 or 雇用契約書実物提示コピー提出
 ※勤務先住所がわかるもの
都内
在学
B.
A.公的書類実物提示コピー提出
  と
B.都内在学証明書 ※交付日が3ヶ月以内のもの
■通学証明書(実物提出
■学生証実物提示コピー提出※通学先キャンパスがわかるもの
 ★在勤(在職)/通学証明書についてのお願い
勤務先や学校に証明書を発行依頼する際に、申請者と同一であることを確認するため、書式に下記の事項を含めて作成頂きますようお願いします。
(A.公的書類と同じ記載内容)
・氏名
・住所
・生年月日
・勤務先/通学先キャンパス住所(都内であることの証明)

③通帳の表紙中面のコピー(初めて申請する方/振込先口座を変更する方)
助成金は、原則として受講生本人の口座に振り込みます。
通帳の表紙中面(銀行名、銀行番号、支店名、支店番号、口座番号、お名前等が記載されているページ)のコピーの提出をお願いします。(申請書に記入された口座情報が間違っていると、入金ミスとなり振込み手数料がかかってしまいますので、コピー提出のご協力をお願いいたします)

●当協会からのお願い
助成金は三菱UFJ銀行より振込みをいたします。セキュリティ確保及び本人確認円滑化のため、三菱UFJ銀行口座をお持ちの方は、こちらを振込先指定口座にしていただけると助かります。また、手数料が安価となります(助成金なので限度額があります)。

3> 提出(期限厳守)
助成金交付申請書(原本) ←申請書ダウンロードできます
確認書類(2点)
 A.公的書類
 B.都内在住・在勤・在学の証明書(交付日が提出日から3ヶ月以内のもの)
③新規の方/口座変更の方は、通帳の表紙中面のコピー
以上①~③の書類をそろえて、締切日までに事務所までご持参ください。提出時に不備があった場合は、再度ご来所いただくようお願いすることがございます。締切日より前に、余裕をもってご提出いただきますようお願い申し上げます。

4>申請提出 受付開始と締切日(各講座によって異なります)
~2018年秋期講座~
●国際手話 中級Ⅰコース(月)(2018年7月23日~11月5日)
→受付開始:10月22日~締切日:11月5日(締切厳守)

●国際手話 入門コース(水)(2018年9月5日~11月28日)
→受付日:11月14日 締切日:11月27日
※教室での受付はこの2日間のみ(締切厳守)

<お問合せ>
Email:tokyo-project@npojass.org
FAX:03-3264-8977

< おまけ >
*助成チェックリスト袋を作りました!
http://www.npojass.org/archives/10324#checklist

聴覚障害者海外奨学金事業について 最新情報 留学奨学金 留学奨学生ブログ 遠隔指導 eラーニング視聴

アーカイブ

リンク