遠隔指導2005年度

● 第1回 2005年度はすべて日本財団ビル(東京都港区赤坂1丁目2番2号)にて実施されました。
6月5日(日)講義テーマ「ローレント・クラークと彼をめぐる人々」

2005_1st 2005_1st_Kemp
あ!映った!!(地球の裏側と通じた瞬間)  テレビ上部にカメラが設置されている

このリアルタイムでアメリカからの生の講義をイメージできにくい方も多かったようですし、また休日の朝ということもありますが、一度ご参加いただければこの素晴らしさを誰もが納得し、魅了されることと思います。すでに今回ご出席いただいた方々は3ヶ月先の2回目に今から申し込みをしたいと希望されているほどです。現在夏時間で時差が13時間もあるアメリカ東海岸(日本とは地球のほぼ真裏)のギャロデット大学にいる教授のASLでの講義を受け、その教授と質疑応答などがTV画面を通じて直接話ができるのです。今回のこの画期的な指導に一番興奮しているのは、長年の夢が実現できた担当者の私かも知れません・・・。だって、本当にアメリカ東海岸と日本とは遠くて行き来は大変なのですよ(RN)。

● 第2
9月3日(土) 講義テーマ「George Veditz: ASLを守った人」 *この講義は、eラーニングで公開中です。詳細は、こちら

2005_2nd_Kemp2  わかりやすいASLで熱弁のKemp博士
右下に日本側が映っている

George Veditzは、ASLは文字で記録できない言語なので、フイルムに録画するべきと考え多くのろう者の会話を録画したことで、ASLを記録/録画した人として一般には知られていますが、実はその記録/録画が後にASLの存在さえも守ることになったというのです。
また、VeditzはNAD(アメリカろう協会)の会長としても活躍していたり、メリーランド州のろう協会やろう学校の設立に貢献していることもわかり、とても興味深いものでありました。
講義の時間は、日本との時差をご理解頂き、アメリカ東海岸の金曜日夜でお願いしておりますので、日本では週末の朝の時間になってしまいますが、一見の価値はありますし、一度参加されたら「次のテーマはなんだろう・・・」と引き付けられるものがあります。
是非この機会にASLだけでなくアメリカのろう者やASLの歴史について学んでみて下さい。

● 第3回
 
11月3日(土)「アメリカの聾学校は本当にアメリカで最初の聾学校だったのか?なぜ成功したのか?」 *この講義は、eラーニングで公開中です。詳細は、こちら
2005_3rd_Kemp

写真左側 マイク・ケンプ博士のリアルタイム講義
写真右側   パワーポイントの資料

第3回目は第1回と第2回目の規模を拡大して、先回までのよりも広い会場で、また大きなスクリーンを使用して行われました。マイク・ケンプ博士が、「アメリカ聾学校は本当にアメリカで最初の聾学校だったのか?なぜ成功したのか?」のテーマのもと、ギャロデット大学の起源とも言える、コネチカット州のあるホテルの一部屋で始まったろう教室がなぜ成功したのかを講義されました。 (報告:物井)遠隔指導第4回目が2月4日(土)に行われました。前回と同じ広い会場で、また大きなスクリーンを使用して行われました。マイク・ケンプ博士が、「A Deaf Utopia?/ろうのユートピア?」のテーマのもと、ろう者にとってのユートピアの構想を始めとし、現在進行中のサウスダコタ州ローレントプロジェクトについて講義されました。(報告:物井)

 

● 第4回2月4日(土)「ろうのユートピア?」 *この講義は、eラーニングで公開中です。詳細は、こちら
前回同様広い会場で、また大きなスクリーンを使用して行われました。マイク・ケンプ赤瀬が「A Deaf Utopia?/ろうのユートピア?」のテーマのもと、ろう者にとってのユートピアの構想をはじめとし、当時進行中のサウスダコタ州ローレンとプロジェクトについて講義されました。

右下小さい画面に日本側の参加者が映っている。
双方向性でケンプ博士が参加者と呼応しながら
講義をしている様子

2005_4th_Kemp

 

 

 

 

 

 

 

 

● 第5回
4月8日(土)「エドワード・マイナー・ギャロデット(ギャロデット大学初代学長)」
2005年度事業として最後の遠隔指導第5回目が、4月8日(土)に第3回目と第4回目と同じ 会場で行われました。先回と同じ大きいスクリーンの画面いっぱいに、びっくり仰天、I・K・ジョーダン学長の挨拶が! 短いながら も素晴らしいスピーチでした。学長の挨拶の後、マイク・ケンプ博士が、「Edward Miner Gallaudet/ エドワード・マイナー・ギャロデット(ギャロデット大学初代学長)」のテーマのもと、講義されました。 (報告:物井)

2005_5th_Kemp

 

2005_5th_KJordan
2005年度を締めくくるべく、ケンプ博士がギャロデット初代学長について講義してくださいました。 予期もしていなかったジョーダン学長の挨拶。ASLを学んでいる皆さんを励ましてくれました。
遠隔指導トップ 2006年度
2007年度 2008年度
2009年度 2010年度
2011年度 2012年度
2013年度 2014年度

聴覚障害者海外奨学金事業について 最新情報 留学奨学金 留学奨学生ブログ 遠隔指導 eラーニング視聴

アーカイブ

リンク