この事業は、「2025年に東京で開催されるデフリンピック大会に向けて、東京都内の国際手話人口を増やすことを目的とし、国際手話講習会の受講費の一部を助成します。受講生には、大会時に来日するろう者等との円滑なコミュニケーションを実現する国際手話人材やボランティア等としての活躍が期待されます」。積極的にご活用ください。

国際手話(20時間10回以上)クラスの受講料の助成があります

(対象者)
(1)外国文化及びろう文化に理解があり、国際手話の修得に熱意を有する者
(2)2025 年に東京で開催されるデフリンピック大会において、来日するろう者等と
の円滑なコミュニケーションを実現する人材として、大会運営に参画する意思を有
する者に限る
(3)東京都内に在住、在勤又は在学する者

実施要綱より)

(条件)対象クラス(10回以上、20時間以上)を8割以上の出席(合否は問わない)
例:10回クラス→8回以上出席
  12回クラス→10回以上出席
現在、国際手話入門コース(月)が対象クラスです。
https://www.npojass.org/archives/25822

今後、金曜日午後、木曜日夜にも開講を予定しています。

(助成金額)
①国際手話講座をすでに240時間以上受講している方 → 受講料の全額(上限8万円/年)
・2014年度以降
・20時間以上、10回以上のクラスのみ(10回に満たない、10時間に満たないクラスはカウントすることができません)
例)2014年度以降に、20時間以上のクラスを12コース以上受けた方

上記以外の方 → 受講料の1/2(上限4万円/年)

(手続き)
・クラス開始1ヵ月の間に助成手続きを行う(締切日は当協会が指定します)
・「受講助成の申込」(別紙)の記入は手書き
・都内在住・在勤・在学である証明書の提出(実物とコピーの両方)
(申し込み者の名前と住所を確認します。実物はその場でお返しします)

(流れ)
クラス開始
→(1ヵ月の間に)申請手続き
→東京都へ提出
→東京都が確認
→クラス終了
→交付決定
→支払い(10月or翌年4月)

!注意! 東京オリンピック・パラリンピックに向けて実施された「東京都外国語手話普及促進事業」と異なる点
・国際手話クラスのみ
・「都内在住・在勤・在学」は、申請時を含む受講期間を通じて要件を満たしていること
・手続きはクラス開始1ヵ月の間に行う(終了後ではありません)
・「受講助成の申込」の記入は手書きのみ(PCの打ち込みは不可)

★詳細は対象者にお知らせします★