(更新日:2021年4月10日)
全般
Q どこに留学できますか?
A 留学先は、目標に向けた学習の出来るところを、ご自身で探し、申込、手続きします。
各大学への問合せ、出願の手続き等は、すべてご自身で行うこととなります。
留学先の斡旋や仲介は、行っていません。
 
Q 留学先の国や地域は、米国だけですか?
A いいえ、世界の国々が対象です。
2016年度募集時から、世界各地へと留学先が拡大されました。
 
Q 留学するにはどの程度の語学力が必要ですか?
A 各大学のホームページ内に、英検やTOEIC、TOEFL等の基準点が掲載されている場合があります。
また留学誌などにも掲載がありますので、目安にしてください。
ご自身の語学力を知るためにも、上記試験を受験されることをお勧めします。
(本奨学金応募時の外国語能力の証明書類となります。また留学先の大学出願時に提出を求めら
 れた際にも活用いただけます)
Q 今は海外に住んでいます。応募できますか?
A 日本国籍他、応募資格をすべて満たしていれば応募可能です。
ただし、選考(Web面接)を受ける場合は、日本時間に合わせての対応をお願いいたします。
Q 以前に応募したことがあります。応募できますか?
A 再応募可能です。
ただし、本事業の奨学生として選出され、奨学金支援を受けて海外留学した方の場合は一定の要件を満たす必要がありますので、お問合せください。
Q 留学後、まず英語・ASL研修の支援を受けた後、その後に大学進学支援を受けられますか?
A いいえ、2017年度募集時から、海外での英語・ASL研修に対する支援が廃止となりました。
海外での英語・ASLは、ご自身負担となります。
大学・大学院進学コースについて
Q 留学する大学は決まっていますか?
A いいえ、ご自身の目標に向けた学習の出来る大学を、ご自身で探し、決めてください。
各大学への問合せ、出願の手続き等は、すべてご自身で行うこととなります。
対象国や地域、学部、専攻に指定はありません。
 
Q 履修コースや科目、必要条件等は、どのように確認しますか?
A 海外の各大学のホームページなどからご確認ください。
更に詳しく聞きたい場合は、大学に直接お問い合わせください。
キャリアアップコースについて
Q 留学先は、どのようなところが対象になりますか?
A 基本的には、大学などが提供する修了証がもらえるプログラム等になります。
個別に確認いたしますので、当協会担当までお問い合わせください。
 
Q 学生ですが、応募できますか?
A 本コースは在職者を対象としているため、学生や新卒者からは応募は受け付けておりません。
 
応募書類について
Q 留学計画書は、何枚書くのがよいですか?
A 特に枚数の指定はありません。何枚でも構いません。
複数枚となる場合は、用紙下のページ欄をご活用ください。
 
Q 推薦状は誰にお願いすればいいですか?
A あなたをよく知る方に書いて頂いてください。家族や親族は不可です。
例)職場の上司、学生時代の恩師、サークル等の活動時の代表者など。
 
Q 推薦状は英語で書く必要がありますか?文字数は何字ですか?   
A いいえ、日本語で作成をお願いしてください。文字数に制限はありません。
もし、外国語で書かれた推薦状を提出する場合は、日本語訳の添付もお願いいたします。
Q 推薦状は誰宛に、どのように提出すればよいですか?   
A 宛先は、”NPO法人日本ASL協会 会長”宛でお願いします。
推薦者の方から、当協会”留学奨学生募集係”まで直接ご提出頂けるようお願いしてください。
(メール添付による提出可)
Q 外国語能力を証明する書類とは、何ですか?   
A 留学・研修先で指定がない場合は、「英語」力を示す書類をご提出ください。
例)英検TOEICTOEFLIELTSなど
Q 外国語能力を証明する書類は、いつ取得したものを添付すればよいですか?
A いつのものでも添付頂けます。何年前に取得したものでもあっても大丈夫です。
複数ある場合は、直近のものだけの提出で構いません。
Q 留学を証明する書類とは何ですか?
A 大学からの合格(受入許可)のお知らせや学生証など。
ほかにもご質問などございましたら、遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせは、
FAX:03-3264-8977、メール:ryugaku@npojass.org (本事業専用)