チャットサロン第18弾。チャットサロンは、少人数制。海外にまつわるテーマでお話しを聞きながら、講師とダイレクトに質疑応答を交わしつつ、お茶菓子を楽しみながら楽しく、ためになるひと時を過ごす企画です。5月はろうLGBTをテーマに留学をされた前田健成山をお迎えします。

LGBTのLはレズビアン(女性同性愛者)、Gはゲイ(男性同性愛者)、Bはバイセクシャル(両性愛者)。Tはトランスジェンダー(生まれた時に法律的・社会的に割り当てられた性別にとらわれない性別のあり方をもつ人)。写真は、「前田さんのアメリカでのロールモデルとなったろう者ブライアン。彼の3人の養子(ろう児)と食事会」(左から3人目が前田さん)

テーマ「ダスキン愛の輪を通して、アメリカ研修へ」
~なぜ、ろうLGBTをテーマにしたのか~

ダスキン愛の輪とは。なぜろうLGBTをテーマにしたのか。
どうやってアメリカ手話と英語を学んだのか。
カリフォルニアのベイエリアのろうコミュニティの当時の様子は。
帰国後の自分の変化は。苦労話もためになる話もお話しいただきます。

日時:2019年5月25日(土)午後2時~4時
参加費:日本ASL協会正会員1,000円、一般会員1,500円、その他の方2,000円
対象:関心のある方ならどなたでも
会場:日本ASL協会事務所
http://www.npojass.org/about/access
定員:10名程度
締切日:2019年5月13日(月)(定員になり次第締め切ります)
その他:日本手話でお話しします(音声はありません)

講師プロフィール

前田健成(まえだ たけなり)写真上
1986年大阪府生まれ、東京育ち。杉並ろう学校・石神井ろう学校卒業。

2004年、亜細亜大学アメリカプログラムを通してワシントン州に5ヶ月留学。2008年、自分自身がゲイと受け入れる。2009年、精巣腫瘍(ガン)を患い、闘病生活を経て寛解。2015年、ダスキン愛の輪を通してカリフォルニア州に1年間研修。 ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業 第34期研修派遣生 研修テーマ「聴覚障がいLGBTの立場から社会への理解普及および情報獲得しやすい環境づくり」 。2016年から明晴学園勤務。2018年、今村彩子監督 LGBT教材DVD「11歳の君へ」第2部解説を担当。

現在、ろう学校非常勤講師(小学部)、エッセー「非日常と日常と、ぼく。」、sipini タイダイワークショップコディネーター、日本手話講師(手話教師センター登録) など幅広く多方面で活躍。最近はアーユルヴェーダに深く関心を持つ。

・手作りフリーマガジン でふあんぐる
・毎週木曜日 手話ドットコム at 西荻窪
前田健成 Takenari Maeda
Email:takemae1986@gmail.com

お申込みは日本ASL協会事務所
FAX 03-3264-8977
Email office@npojass.org
イスラエルから引越して来たろう者とドロレス公園(米国カリフォルニア州)でインタビュー