05S5プロジェクトイメージ

Document COVID-19 (O5S5)は、コロナウイルス感染症による私たちの手話がどのように変わったのかを研究するリサーチチームです。
今回の講演では、米国のろう者へのインタビュー動画や取材を通してマスク着用、Zoomの使用などにより、コロナ禍が我々ろう者の手話をどのように変えたのか、言語学の立場から興味深くお話いただきます。

日時:2022年7月2日(土)14:00-16:30
会場:東京ボランティア・市民活動センター(東京・飯田橋)予定
講師:Michael Dunham(当協会ASL講師)
詳細もう少しお待ちください!