【募集】手話で学ぶ「デフアート入門」~ろう者としての芸術表現とは?

管野講師(1月26日)

*終了しました。

昨今、「デフアート」という言葉が日本に広がりましたが、デフアートと聞くと

「音のない世界の表現」
「手話を表現したもの」
というイメージを持っている方も多いと思います。

アメリカや欧米におけるデフアートの歴史やろう者による芸術活動を楽しく学びながら、
様々な作品の鑑賞を通して、ろう者の芸術表現とは何か、共に考えていきましょう。

 日時:2013年1月26日~3月9日(2時間)土曜日午後5時から8時(変更しました)

 内容(予定):

第1回 1/26 アートとは?
第2回 2/2 アメリカや欧米におけるデフアートの歴史、 アメリカや欧米におけるデフアート作品の鑑賞
第3回 3/9 日本のろう者の芸術活動の現状・まとめ

 対 象:特に問いません。初心者大歓迎!

 定 員:15名程度

 場 所:日本ASL協会事務所(千代田区飯田橋)
http://www.npojass.org/about/access

 締切日:2013年1月23日(ただし、定員になり次第締切)

 参加費:13,000円(会員の方には割引があります)

 その他:日本手話で話します。音声はつきません。
講師ご紹介:管野 奈津美(かんのなつみ)氏

宮城県出身千葉県育ち。
筑波大学卒業後、日本財団留学奨学生第3期生としてギャローデット大学大学院デフ・スタディーズ学科に留学。
2010年に帰国。
2012年、筑波大学大学院芸術専攻クラフト領域を修了。

 

JASSimage-1

 

 

 

 

 

左写真:デフアート作品(一部抜粋)
中央:フランスのデフアートフェスティバルにて(2009年)管野さん(右)とヨーロッパのデフアーティスト
右写真:ろう文化センター(カナダ・トロント)(2009年)

お申し込み・お問い合わせは日本ASL協会事務所まで

F 03-3264-8977

Email: office@npojass.org

 

聴覚障害者海外奨学金事業について 最新情報 留学奨学金 留学奨学生ブログ 遠隔指導 eラーニング視聴

アーカイブ

リンク