【募集】遠隔指導-京都(2/13-2/14)

*終了しました

アメリカ手話による講義を生中継で視聴し、ASL(アメリカ手話)やアメリカのろうに関するさまざまな分野を学びます。
≪日程≫2月14日(土)午前9時30分~12時30分
Amy & Michael
≪テーマ、および講師≫
1、「アメリカにおけるろう教育」(仮題) Dr. Amy E. Hile(ギャロデット大学教育学部 准教授)/写真左
2、「ギャロデット大学150年の歴史-アメリカ聾学校200年の歴史」(仮題) Mr. Michael J. Olson(ギャロデット大学歴史資料室暫定責任者/同資料室スペシャリスト)/写真右
*詳細のチラシは、こちら

日本財団聴覚障害者海外奨学金事業
遠隔指導-アメリカの大学の講義をうけよう!

日本にいて、アメリカ手話による講義を生中継で視聴し、ASL(アメリカ手話)やアメリカのろうに関するさまざまな分野を学ぶ機会のことで、留学前の奨学生のみならず全国の幅広い聴覚障害者に向けて実施しています。
聴覚障害者社会はどんなものか知りたい方、留学はしてみたいけれどその機会が得られていない方、アメリカ手話に触れてみたい方、是非、ご参加ください。みなさまの参加をお待ちしております。
*ASL(アメリカ手話)でご講義頂きます。
*直接、質疑応答も可能です。

Dr. Amy E. Hile
(ギャロデット大学教育学部准教授)
Mr.Michael J. Olson
(ギャロデット大学歴史資料室暫定責任者/同資料室スペシャリスト)
amy OlsonMichael001
1993年-2000年、ミネソタ州セントポール市にあるASL/英語のバイリンガル教育を行う国内初のろう者のチャータースクール・メトロ聾学校にて、初等部の教育に携わる。2006年8月から、ギャロデット大学教育学部の教鞭に立つ。博士号の研究テーマは、ASLの発達/習得、指文字、およびK-12(幼・小・中・高校期間)のASL/英語のバイリンガル教育 1981年からギャロデット大学内にある歴史資料室(Archives)に勤務聴覚障害者個人や団体などから集め、寄せられる古い写真や文書、フィルム映像等の数多くの歴史物を後世に伝え残すため、保存技術を駆使して修復を行い、『聴覚障害者の歴史』の保全に努めている
 東京会場  京都会場
日時 2015年2月14日(土)午前9時30分~12時30分
会場 日本ASL協会事務所   *地図はこちら
(東京都千代田区飯田橋3-3-11-701)
全国手話研修センター   *地図はこちら
(京都府京都市右京区嵯峨天龍寺広道町3-4)
定員 25名 *満席のため、受付終了 50名
参加費 無料(どなたでもご参加いただけます。)
申込方法 日本ASL協会事務所(下記連絡先)にお申込ください。
ただし定員を超えた場合は聴覚障害者からの申込みを優先とさせて頂きます。
締切 2月11日(水) *ご希望の会場をお知らせください
その他 *アメリカ手話/日本手話の通訳付き(京都会場のみ)
*日本語音声通訳をご希望の方はお問い合わせください。


<ASL(アメリカ手話)を学ぼう> ‥‥ 京都会場のみ
  

日時:2月13日(金)午後7時~9時
会場:全国手話研修センター
対象:翌日(2月14日)に参加される方のみ
内容:翌日の講義で使われる単語を中心とした事前学習会

【協賛】
社会福祉法人全国手話研修センター

*ギャロデット大学 ウエブサイト
http://www.gallaudet.edu/

 

【問合先/申込先】
NPO法人日本ASL協会(本事業実施団体)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-3-11
飯田橋ばんらいビル701
FAX:03(3264)8977
本事業専用Email:ryugaku@npojass.org
ウェブサイト http://www.npojass.org
これまでの遠隔指導の様子は、下記に掲載されています。ご覧ください。
http://www.npojass.org/nf/videoconference

*Gallaudet大学の日本語表記には「ギャローデット」もありますが、
当協会では、発音に近い「ギャロデット」で表記しています

聴覚障害者海外奨学金事業について 最新情報 留学奨学金 留学奨学生ブログ 遠隔指導 eラーニング視聴

アーカイブ

リンク