遠隔指導2011年度

2011年度は、昨年に引き続き、ギャロデット大学国際プログラム・サービスセンター(Center for International Programs & Services、通称:CIPS)に加え、同大学アーカイブ(世界中のろう関係の書籍や文書などを保管している歴史資料館)の協力なサポートを受けての実施となりました。
アメリカのろう社会の重鎮とも言えるお二人の貴重な足跡を伺い、その当時の状況を改めて知ることが出来たと共に、1970年代から来日をされるなどで日本のろうう社会の変化を見聞きされてこられたお二人が、世界の視点から、今の日本に対する率直な意見や助言を語ってくださいました。

テーマ「今、日本のろう者に伝えたいこと」
 1
講師 Dr.Yerker Andersson
ギャロデット大学 名誉博士世界ろう連盟 名誉理事長ギャロデット大学にろう学部を設立し、初代ろう学部長に就任。
1983ー1995年に世界ろう連盟理事長を務める等
ろう関係、障害者関係において、数々の役職を歴任。
 講師 Dr.Jack Gannon
ギャロデット大学 名誉博士『Deaf Heritage : A Narrative History of Deaf America』他
数多くのろう史書の著者として有名。
2011年7月に南アフリカで行われた世界ろう者会議で、
1951-2001年の世界ろう連盟の歩みを発表。
 1
● 第1回 東京会場
日本ASL協会事務所(東京都千代田区飯田橋)
 
2012年3月17日(土)
午前9時~午前10時30分
(ワシントンDC時間3月16日(金)午後7時~8時30分)
11
22 
● 第2回 京都会場
全国手話研修センター(京都府京都市右京区嵯峨野)
2012年3月31日(土)
午前9時~午前10時30分
(ワシントンDC時間3月30日(金)午後7時~8時30分)
遠隔指導トップ  2005年度 
2006年度 2007年度
2008年度 2009年度
2010年度 2012年度
2013年度 2014年度

聴覚障害者海外奨学金事業について 最新情報 留学奨学金 留学奨学生ブログ 遠隔指導 eラーニング視聴

アーカイブ

リンク