【ご案内1】受講費助成制度について

2014年度から、東京都外国語手話普及促進事業により、外国手話の技術習得に係る当協会講座の受講料の半額(一人年間5万円まで)が助成されることになりました。詳細は以下の通りです。ご確認ください。

1. 東京都外国語手話普及促進事業とは
東京都は、2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて、 外国から来日する聴覚障害のあるお客様をおもてなしするために、外国語手話普及促進の取組みを始めました。

2. 助成制度について
助成は、助成対象者からの申請によって行います。申請にあたっては、2020東京オリンピック・パラリンピック開催時に、東京都において外国語手話ボランティアの活動にご協力いただくことも想定されますので、本事業の趣旨をご理解いただいた上で、お申し込みください。
助成額は、受講生一人につき年間5万円までです。(平成28年度より)

3.助成対象について
助成対象となる受講生は、
———-(実施要項より)——————
以下の要件をすべて満たす者
(1)外国文化及びろう文化に理解があり、外国語手話の修得に熱意を有し、東京都において外国語手話ボランティアとして活動することに高い関心を有する者
(2)補助事業者が実施する講習会を受講し、修了要件を満たした者のうち、東京都内に在住、在勤又は在学する者
———————————————-

また、助成対象となる講習は、
———-(実施要項より)——————
(1)外国語手話技術に関する講習
(2)外国語文化・ろう文化等に関する講習、講演会、ワークショップ等
※(2)については、同一年度内に(1)を修了した場合に申請が可能
———————————————-

具体的には、
1)申請当日に
・東京都内在住
・都内在勤(パート、アルバイト等非常勤を含む)
・在学(通信教育は不可)
2)修了要件
対象クラスの出席率70%以上、かつ、修了試験で60点以上(100点満点)の方
申請日時点では、最終的な出席率とテスト結果は不明なので、結果に関わらず提出してください。最終的に修了要件を満たしているかは、当協会で確認いたします。
出席率は、クラス終了日までに70%を超える方。
・18回クラス→13回以上(欠席は5回まで)
・14回クラス→10回以上(欠席は4回まで)
・12回クラス→9回以上(欠席は3回まで)
・10回クラス→7回以上(欠席は3回まで)

4.申請の流れ
①受講生が申請(〆切日にご注意ください)
→ 当協会が申請可否の確認
②東京都へ提出・確認
③東京都が承認
→ 当協会が助成金を受講生の口座へ振り込み準備
→ ④送金
flowchart4

5.助成対象クラス *条件を満たした外国手話講座のみが対象です。
~2018年度秋期講座~
・ASL講座(10月~翌3月)
・国際手話入門コース(水)(9~11月)
・国際手話中級Ⅰコース(月)(7月~11月)
・国際手話中級Ⅱコース(月)(11月~2月)
※2018年9月時点の情報です
※テキスト代金、個人レッスン及びグループレッスン料、試験日欠席による再テスト受講料は助成対象外です。

自分が対象になると判断したら、申請の手続きはこちらのページ(【ご案内2】受講費助成交付申請の手続き)へ

<お問い合わせ先>
日本ASL協会事務所
〒102-0072
千代田区飯田橋3-3-11 飯田橋ばんらいビル701
FAX 03-3264-8977
Email tokyo-project@npojass.org

聴覚障害者海外奨学金事業について 最新情報 留学奨学金 留学奨学生ブログ 遠隔指導 eラーニング視聴

アーカイブ

リンク