【募集】第7回留学奨学生帰国報告会(1/18) *動画追加しました

*終了しました

日本財団聴覚障害者海外奨学金事業
2013年度第7回留学奨学生帰国報告会

今年、留学を修了した武田第4期奨学生から、
4年間の留学生活で学んだことを報告します。お友達をお誘い合わせの上、奮ってご参加ください。
この機会をお見逃しなく!!

 nfflyer20140118
 武田奨学生(4期)

*チラシ(両面)はこちらから

【主催:特定非営利活動法人日本ASL協会】
【主管:日本財団聴覚障害者海外奨学金事業留学奨学生同窓会】


今年、晴れて大学院を卒業し、修士号を取得した武田太一奨学生(4期)が帰ってきました。
ろう重複障害者者へのサポートと中心に学びました。実習先のろう学校での経験も交えて、報告します。どんな話が聞けるのか、楽しみな内容です。
また、今回も同窓会が主体となって、この準備を進めています。当日は、これまでに帰国した奨学生はもちろんのこと、現在アメリカ留学中の奨学生も登場する予定で、情報盛りだくさんの会になりそうです。
これから留学をする/留学を希望している方、アメリカの状況を知りたい方など、お友達をお誘い合わせの上、奮ってご参加ください。この機会をお見逃しなく!!

1、日時:2014年1月18日(土)午後1時30分~午後5時30分

2、会場:日本財団ビル 会議室(2階) (東京都港区赤坂1-2-2) 地図はこちら

3、内容:
<留学生帰国報告会>
「ろう重複障害児から学んだこと-マイナスからプラスの視点へ-」
報告者 第4期生 武田太一

<特別企画・パネルディスカッション>
「ろう重複障害児の教育の明日」
司会(コーディネーター):高山亨太(同窓会代表)
パネリスト:武田太一(第4期生)
福島悠佳氏(トット基金トット文化館)
松山 智氏(横浜市立ろう特別支援学校)

4、参加費:無料

5、申込締切:1月13日(月)までにFAX、またはEメールで日本ASL協会までお申込ください。
*資料および座席数準備の関係で、入場の際は事前予約者を優先しますが、当日参加も可能です。

6、その他:日本手話/日本語音声の手話通訳、要約筆記が付きます。

■報告者紹介
武田太一(第4期留学奨学生)    
taichi
<留学期間>
2009年7月25日渡米~2013年8月27日帰国
<留学先>
オーロニ大学<英語・ASL研修> *1
ボストン大学大学院教育学部(ろう教育)卒業 (修士号取得)
<研修内容>
ろう重複障害者へのサポート
*1 カリフォルニア州にある公立大学。当協会のパートナーシップ提携大学

■チラシ(両面)はこちら

■武田奨学生の留学生活は、「聴覚障害者留学ブログ」にも掲載されています。ご覧ください。
URL http://blog.canpan.info/deaf-ryugaku/

■現在留学中の奨学生の近況報告や、聴覚障害者が通うアメリカの大学の一部紹介もあります。お楽しみに!!

■留学奨学金についての詳細は「聴覚障害者海外奨学金」のページへ

聴覚障害者海外奨学金事業について 最新情報 留学奨学金 留学奨学生ブログ 遠隔指導 eラーニング視聴

アーカイブ

リンク